似ている!といわれる似顔絵の描き方ポイント その1

はじめまして!

株式会社アット似顔絵制作にがうり!制作担当の宮田です。

主に似顔絵制作を担当しています。

今回は似顔絵を上手に描くコツを皆さんに紹介したいと思います!

似顔絵制作のコツ

1.特徴を見つけよう

似顔絵には、まずモデルとなる人物の特徴を捉えることが重要です。

人は他人の顔を見る時に、顔の中の最も特徴的な部分に目が行きがちだそうです。

例えば目がとても大きな人や、鼻が高い人、大きい人、おでこが狭い人や、

歯が出ている人など人の顔にはそれぞれ違った特徴があります。

それぞれの特徴的な部分を、描くなんて失礼じゃない…!?と

思ってしまうかもしれませんがそこは気にせず強調して描いてみましょう!^^

☆特徴を探すときのポイント

・眉毛の角度は? 太さは?

・目はタレ目? つり目? 平坦? 一重? 二重? 奥二重?

・涙袋はある?

・鼻の角度は?(鼻先が上がっている?)

・唇は厚い? 薄い?

・口は大きい?小さい?

・ヒゲはある? どこにある?

・肌の色は白い? 日焼けしている?

などなど、普段は人を見るとき、意識していないかもしれませんが

その人の特に目立っているところが重要なのです!

注意して探してみましょう!!

参考:特徴ある目や口の種類

目の個性って色々ありますよね!

代表的な種類をあげてみましたが、他にも様々な種類があります。

糸目や年齢を重ねた目尻にシワの入った目。

種類以外にも特徴があります!

・左右の目の間がどれくらい離れているのか?

・黒目の割合は?

・まつげの特徴は?

・アイラインの太さは?

・化粧してる?してない? などなど…

口にも個性があります。

・相手がどのような口の大きさ輪郭なのか?

・唇の形は?

・唇の色は?

・口の位置は?

しっかり観察して見ましょう!

次回似顔絵制作のコツは…?

次回は輪郭や髪型について、書き方のコツを紹介します!

人によって輪郭は違いますよね?

丸顔、逆三角形、四角顔…

輪郭がピタッとハマると、「そうそう!似てる!」

と言われる可能性がグッと上がります!

何をポイントにすればいいのか、次回までに考えてみてください^^

似顔絵制作のコツその2はこちら→

似顔絵制作のコツその3はこちらから→

似顔絵制作のコツその4はこちら→