似ている!といわれる似顔絵の描き方ポイント その2

こんにちは!

株式会社アット似顔絵制作にがうり!制作担当の宮田です。

すっかり梅雨も明け、夏がやってきましたね!

エアコンが苦手な私ですが、熱中症なども考えると

エアコンとも上手にお付き合いしていかなければ…と思います。

それでは、暑さに負けず、前回に引き続き、

似顔絵を描くポイントについてお話したいと思います。

前回のおさらい

前回「似ている!といわれる似顔絵の描き方ポイント その1」はこちら

【パーツの特徴・目立つ部分を探そう!】

・眉毛の角度は? 太さは?

・目はタレ目? つり目? 平坦? 一重? 二重? 奥二重?

・涙袋はある?

・鼻の角度は?(鼻先が上がっている?)

・唇は厚い? 薄い?

・口は大きい?小さい?

・ヒゲはある? どこにある?

・肌の色は白い? 日焼けしている?

目はどんな特徴??

口はどんな特徴??

これらの観察のステップはOKですか?描く対象のパーツの特徴を見つけれたところで、

今回のステップに進みます^^

2.輪郭と耳を描こう

輪郭を描く事は非常にシンプルですが、奥が深いです。とっても重要です!
輪郭は、丸型・楕円型・四角型・三角型・ベース型…といった風に分けられます。

さらにそこから、痩せていてアゴがシャープなベース型や

少し下ぶくれな楕円型、三角型でもおにぎりなのか、逆三角なのか…

といろいろと細かく分かれます。

耳も同様、いろんな形がありますよね。形を正確にとらえることで

似顔絵もグッと似てくるようになります。

3.髪型を描こう

髪の毛も重要です!(なんだか全て「重要」って言っていますが…^^;)

全体的なフォルムが間違っていると、顔全体の印象も変わってきます。

髪質はストレート?パーマ?前髪の長さは?分け方は?
髪の毛の長さはどれぐらい?もみあげはある?ない?

髪の毛のボリュームは多い?少ない?…などなど。
これらが上手に描けていると、その人らしさが出てきます。

よく観察してみましょう!

似顔絵のベースが出来たら、次はパーツを描いていきます!

「ストレートヘア」でも印象が全く異なりますね!

形、量、毛先、前髪、耳などしっかり観察して見ましょう!

次回の似顔絵制作のコツは…?

次回は似顔絵のコツの中でも重要な【 目の描き方のコツ 】を

紹介していきます^^

目元の印象で似顔絵は大きく変わるので、

その人にあった目の描き方をすることがコツになります!

お楽しみに〜!!

似顔絵制作のコツその1はこちらから→

似顔絵制作のコツその3はこちらから→

似顔絵制作のコツその4はこちら→