自分が描いた絵をデータにしてほしい!

足元の暖房が一番の友達!

制作担当の古内です。

皆さんは年賀状の準備、進んでいますか?

私は、全く白紙です。。(たはっ・・)

最近はハガキの印刷だけでなく色々なグッズも

ネットで手軽に作れちゃいますよね。

こういう背景があるからなのか、、

「自分が描いた絵をデータにしてほしいんです!」

アットにはこういった個人のお客さまからのご相談やご依頼もたくさん届きます。

グッズを作るのには手描きの絵ではなく、

データになった絵が必要とされることが多いんですよね。

ではでは、私が手にしている絵「ニャーコ」のデータ化を

イラスト工房に依頼することにしてみましょう!

依頼する時に必要な手順はこちら・・・

1.描いた絵を画像にする

スマホやデジカメを使って真上から写真を撮ることでもOK!

これならすぐにできちゃいますね。

2.必要なデータについて調べる

出来上がったデータの使い道や注文するサイトの情報を伝えられる様に調べておきましょう!

専門的でわからないことがあったら、イラスト工房のコーディネーターや制作スタッフが最適

なデータをご案内します。

3.仕上がりのテイスト(タッチ)を決める

自分が描いた絵そのままのデータが必要なのか、イメージしているタッチがあるのか、

線を整える程度の調整をして欲しいのか、、、など仕上がりイメージを伝えましょう!

どんな仕上がりがいいのかわからない時は

イラスト工房のサンプルタッチから選んでもOK!

一番肝心なところは「仕上がりのテイスト」ですね。

自分が良いと思っていても用途に向いていないタッチというのもあります。

自分が何にデータを使いたいのかしっかりと制作担当に伝えてください。

そして、実はこの「自分が描いた絵をデータにしてほしいんです!」

というのは色々な使い方ができるんです!

例えば、

今度お店をオープンするんです!

自分が考えて描いた「ロゴマーク」。

色鉛筆で描いたものなので、これをきちんと描き起こしてもらって

看板やチラシなどでたくさん使いたいんです!

なんていう時にも使えます。

他にも、

社内で募集したキャンペーンキャラクター。

決定案があるんだけど色ペンで描かれてあって、このままじゃ広告に使えない。

社内でデータにするスキルを持ってる人もいないし、綺麗に仕上げてほしいんだよね。

という場合もぜひ!お任せ下さい!!

ね!自分が描いた絵が、キャラクターが、ロゴマークが

色々なものに使えるデータになったらとっても素敵でしょ!

イラスト工房までお気軽にお問い合わせください!

スポンサーリンク